熊本の和食料理店「仲むら」のブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインとのコミュニケーション
2008060618160000.jpg


 見て下さい この2つの白ワイン
 こうして比べてみると 色の違いは 一目瞭然ですよね

 左側は 緑がかった色合い
 右側は 黄色っぽい色合いです




 左側の彼女は こう語りかけます


 わたしは まだワインになって 間もないんです

 きれいにみがかれた ステンレスのタンクの中で葡萄ジュースからワインに変わり

 そして そのままボトリングされて

 今日こうして あなたに出会える時を待っていたんですよ

 ・・・香りをみてください

 爽やかな柑橘系の香りでしょう

 キレのいい シャープな酸(リンゴ酸)がわたしの身上なんです

 よーく冷やしておつきあいください

 

そして 右側の彼女は こう語ります

 わたしは ワインになったあとに

 樫の木の樽のなかでしばらく眠りにつきました

 どのくらい眠っていたのでしょう

 眠っている間に わたしのからだは黄金色になっていました

 ・・・グラスを近づけてください

 トロピカルフルーツや 熟れたパイナップルみたいな香りでしょう

 はつらつとした切れのいい酸は

 樫樽さんのおかげで まろやかな酸(乳酸)にかわり

 おだやかで 余韻のある深い味わいになりました

 あまり冷たくしないで ゆっくりお付き合いください

 
    ・・・こんな具合です


 よーく見てあげてください  耳を傾けてあげてください

 彼女たちは こんな風に ぼくらに語りかけてくれるんです
 

 おもしろいでしょう 


 せっかく この世に生をうけたのですから

 こんな風にワインと会話ができるようになってみませんか?


 その声を聞こうとする気持ちさえあれば

 むずかしいことは なんにもありません

 とびらを開けば
 
 「もっとたのしい人生行き」 へのパスポートが もれなくついているはずです

  

          sorry    sukoshi osakeni yararetakana・・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Tukiさん=詩人?
素晴らしーv-424何てロマンチック!!v-347ワインとお喋りしたくなる様な甘~い出来事でもあったのかしら?i-84i-85
自転車姿のカッコイイー、マスターに逢っちゃいましたi-233何時もながらボーとしていてごめんなさいi-235
横手のゴミだしおばさん | URL | 2008/06/08/Sun 22:24 [編集]
素敵すぎます
ホント
惚れ惚れする文章ですねぇ~ 何度も読み返してしまいました
いゃ~参りました
私もワインと語り合いしてみようかな…
因みにこのキュートなワインさん達のお名前は何でしょうか

ウサ子 | URL | 2008/06/08/Sun 22:52 [編集]
>ウサ子さん 横手のねーさま
 いつもコメントありがとうございます
 ちょっと 力 入りすぎでしたね 今読むとちょっとおはずかしいi-201

 >ねーさま  甘い出来事とは ずいぶんご無沙汰です それで ちょっとおかしくなっているのかもです


 >ウサ子さん  このワインは 両方とも ニュージーランドの 「クラウディベイ」ワイナリーのもので 同じ葡萄=ソーヴィニョン・ブラン種100%で造られたワインです もともとは同じワインなのですが 右側は 樽で三年寝かせた特別仕込の熟女で 「テ・ココ」という名前がついています
 両方とも グラスワインで ご注文可能です
Tsuki | URL | 2008/06/09/Mon 14:43 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2011/03/14/Mon 09:05 [編集]
Copyright © 和食 仲むらブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。