熊本の和食料理店「仲むら」のブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ご報告 =ツバメ=
 先日 こんなお便りをいただきました ありがとうございます
 
 『通りすがりでしたので、貴店と関係なかった時はお許しください。
今日の夕方、小島郵便局前の交差点を通過した折、中央線側車線にうずくまって
いるツバメ?がいました。わたしの車は小島橋からの右折でしたので、危うく踏
みそうになりましたが、なんとか通り過ぎました。少しスピードを落として後ろ
を気にしていると、郵便局前に駐車した貴店の車から女の人が出てきて、交差点
のほうに走っていくのが見えました。おそらく、わたしより先にツバメに気づか
れ、車を停めて助けにいかれたのだと思います。交差点は、わたしのあとからも
数台の車が通過していましたので、無事に保護されたかどうかはわかりませんで
したが、そのお優しい心に胸があつくなりました。
結果はどうあれ、命を大切にするお心に深く感謝申し上げたいと思いまして、一
筆書き送りました。冒頭にも書きましたように、貴店の屋号もちらりと見ただけ
でしたので、間違っているかもしれません。そのときは、どうぞお許しください』


 お返事を送ろうと思ったのですが アドレスがわからず
 このブログを見ていただいているならば・・・・・と ご報告させていただくことにしました

 間違いなく その車は 私どもの営業車でした
 
 保護しましたツバメは 鳥獣保護センターへ引き取っていただきました
 今では 元気に飛びまわれるまで 回復し 
 肩に乗ったり ちょっと困るぐらい とてもなついているそうです

 無断で お便りを引用させていただきましたことを どうぞお許し下さい

 私どもにとって とても嬉しいお便りでしたので
 この場を使い お礼と ご報告をさせていただきました
スポンサーサイト

Waterfall?
2008062420520000.jpg


実は スコールのような雨が 雨どいからはけきれずに 滝のようにあふれているんです

 でも なんか 幻想的でしょう? 

 二本あるように見えますが 右側は ガラス窓に 映ってる画像です

梅雨の合間の飛行機雲
 
2008062316390000.jpg


 一昨日の午後五時ぐらいの北東の空です 

 青空って ほんとうに 良いですね

 うっとうしい梅雨の合間には 特にありがたく感じます

 週末の豪雨 特に県南の方々は 大変だったみたいですね お見舞い申し上げます


 さて、本日の仲むらは 朝から “アラ”の解体作業で大変でした
 
 (多分 こさぼーと さほどかわりないぐらいの目方だろうと思います)

 ココから先 一週間ぐらいは アラ料理 お楽しみいただけますよ

 雨が 降ったりやんだりで なかなか 外出するのもおっくうになりがちですが

 美味しいもん食べて 晴れ晴れとした気分になるのも一案ですよ どうぞ お出かけ下さい


 

 熊本の 地ワイン
2008061813290000.jpg

 熊本 でもちゃんとワインができるんです
 
 これは 熊本ワインさんが手がける 『キスキッカ』というブランドです

 赤は ボルドー品種のカベルネソーヴィニヨン 白は ブルゴーニュ品種のシャルドネからつくられまています

  この 雨の多い熊本で ちゃんと ワインが出来るのだろうか・・・・

 正直 私も そう思っていた一人です

 熊本は 気温の日較差 年較差が大きく 夏は暑いことこの上なく そういう点では 葡萄の栽培に適しているのですが  何分 雨が多すぎる
 高名なワイン産地の一年分の雨が わずか梅雨の一ヶ月で降ってしまうような土地ですからね

 しかし 見事に 裏切られました 
 
 葡萄栽培者の方々はもちろんですが
 収穫の日を決定する方 醸しの時間を見極める方
 そして ブレンダーの方々 
 携わるすべての 人たちの思いをいっぱい詰め込んだワインは
 ほんとうに お見事です というしかありません 

 来月には 「ナイトハーベスト」という 夜明け前の一番糖度のあがる時間をみはからって摘み取った葡萄で造ったワインが発売されるそうです わずか1.500本ほどの特別キュヴェ(仕込)のため 我々の口に入るかどうかはわかりませんが・・・・・ 

 熊本で 懸命にワイン造りに携わっている方々がいらっしゃることを
 もっと 皆様に ご紹介できていけたらと 思います

     「キスキッカ」 は 当店でもご用意いたしております

 
 

とったどー!
              image0008.jpg



 見てください この立派なカブト 沖縄で獲れた100キロの本マグロです

 今シーズン 3本目の仕入れですが こいつがグランクリュ=特上です

 しかし 我々は 一体いつまでこんな美味しいマグロを食べることができるのでしょうね・・・・・

 このカブトから取れる わずかなカマトロと頭の身 誰の口に入ることやら?

 もちろん 一本丸ごと買っちゃいましたので 大トロ 中トロも ありますよ

 マグロを食べるなら今が旬です お見逃しのないように!



 なお 人相はよく似てますが 向かって右は田崎市場のこーちゃんです

     重たい役でのご協力 ありがとうございました


 

ワインとのコミュニケーション
2008060618160000.jpg


 見て下さい この2つの白ワイン
 こうして比べてみると 色の違いは 一目瞭然ですよね

 左側は 緑がかった色合い
 右側は 黄色っぽい色合いです




 左側の彼女は こう語りかけます


 わたしは まだワインになって 間もないんです

 きれいにみがかれた ステンレスのタンクの中で葡萄ジュースからワインに変わり

 そして そのままボトリングされて

 今日こうして あなたに出会える時を待っていたんですよ

 ・・・香りをみてください

 爽やかな柑橘系の香りでしょう

 キレのいい シャープな酸(リンゴ酸)がわたしの身上なんです

 よーく冷やしておつきあいください

 

そして 右側の彼女は こう語ります

 わたしは ワインになったあとに

 樫の木の樽のなかでしばらく眠りにつきました

 どのくらい眠っていたのでしょう

 眠っている間に わたしのからだは黄金色になっていました

 ・・・グラスを近づけてください

 トロピカルフルーツや 熟れたパイナップルみたいな香りでしょう

 はつらつとした切れのいい酸は

 樫樽さんのおかげで まろやかな酸(乳酸)にかわり

 おだやかで 余韻のある深い味わいになりました

 あまり冷たくしないで ゆっくりお付き合いください

 
    ・・・こんな具合です


 よーく見てあげてください  耳を傾けてあげてください

 彼女たちは こんな風に ぼくらに語りかけてくれるんです
 

 おもしろいでしょう 


 せっかく この世に生をうけたのですから

 こんな風にワインと会話ができるようになってみませんか?


 その声を聞こうとする気持ちさえあれば

 むずかしいことは なんにもありません

 とびらを開けば
 
 「もっとたのしい人生行き」 へのパスポートが もれなくついているはずです

  

          sorry    sukoshi osakeni yararetakana・・・・・

STOUT!
          2008060513430000.jpg


 キーンとよく冷えたビールも たしかに美味しいですが

 ちょっとぬるめの温度で飲むブラックビール これがまた旨いんです

 昨年9月にリリースされた キリンビールさんの 「一番搾りSTOUT」

 従来の国産の黒ビールは どちらかというと 軽めの仕上がりが多かったのですが

 これは コクも十分にあって とても 良い仕上がりだと思います

  少しビールが欲しいな・・・・ と言う時に どうぞお試し下さい

                       小瓶でご用意致しております

お待たせしました
2008060413400000.jpg


 らっきよファンのみな様 お待たせいたしました

 今年も待望の らっきょ の時期がやってまいりました

 当店自慢の カリカリらっきょ君達の漬け込み作業が 密かに行われております

 その中でもこれは 幻と言われる 3年もののらっきょです

 これを口にできるのは おそらく 香露の大吟醸を口にするより困難なことかもしれません

 なんたって およそ 100キロ 漬けるうちのわずか1キロほどしかないんですもん・・・・・

 もちろん ご予約もNGです すみませんが承れません ・・・あしからず・・・
 

 

 
Copyright © 和食 仲むらブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。